【体験レビュー】ProgateでLv.300まで学習して感じたメリット・デメリット

こんにちは、tchmrです!

 

今回は人気プログラミング学習サイトである「Progate」で学習してみた感想をお伝えしたいと思います。

 

Progate

ちなみに、私は文系出身でプログラミング未経験です。
これからプログラミングを0ベースで始めてみたいと思っている方のイメージとかなり近いと思います。

 

すでに150時間くらいProgateに投入しています。
学習実績は以下の通りです。

 

現状のレベル感としては、自分で調べながら簡単なSNSのようなWEBサービスを作れる、色々なサイトのHTMLソースを見て、概ね作りが理解できるくらいに成長しました。

 

Progateのメリット

自分のペースで進められる

Progateはスライドを見て学習するスタイルです。したがって、わかっている部分は早く進めて、わからない部分に時間をかけたりという時間配分がしやすいです。
動画で学習するとなると、巻き戻したり、早送りしたりと学習以外の部分にエネルギーを使ってしまうことがあるので、ここはProgateならではの特徴かと思います。

 

スライド検索が便利

スライドがコース毎に整理されており、タグも設定されているので読みたいスライドを一発で特定することができます。
動画学習サイトでは検索できないので欲しい情報を見つけるのに時間がかかってしまうということが往往にしてあるので、特にプログラミング初心者にとって復習のしやすさはとても重要です。

 

道場コースがかなり勉強になる

自分で一から作ることを求められる学習サイトはなかなかありません。これが、Progate最大のメリットかと個人的には思っています。
2、3個カリキュラムを進めていくと、それまでの復習として「道場コース」というものが現れます。ここでは、ほとんどヒントなしでそれまで学習した成果物を作成することが求められるので、「わかった気になっていたが全然作れない。。。」ということに気づくことができます。しかし、ここで復習したり、調べたりしながら成果物を作成することでスキルが飛躍的に定着していきます。
また、コードをかくとリアルタイムに反映されるので「こういうコードを書いたらどうなるんだろう?」という疑問も実際に書くことで結果がリアルタイムに反映されるため、スライド以外の部分でもたくさんの学びを得ることができます。

 

アプリでどこでも学習できる

他の学習サービスだと意外とスマホアプリがないものなので、メリットと言えます。通勤通学や休憩時間にもプログラミングに触れられるというのは大事ですからね。

 

 

Progateのデメリット

サーバーサイド言語の充実度が低め

RubyPythonを学習しましたが、他のサイトに比べると情報量が少ないように感じます。例えば、カリキュラム内で使用するメソッドの種類が少なく、応用編のカリキュラムもないため結局どういうことができるのかがあまり見えてきませんでした。
関連サイト等の情報もないためここで最低限の知識を学んで、他サイトで上乗せという学習方法が良さそうです。

 

新しい技術のカリキュラムの充実度が低め

これはどのサイトもそうかもしれませんが、例えば「GO」や「React」はまだまだカリキュラムが少ないです。
頻繁にアップデートされて解消されていくとは思いますが、勉強を始めるときに学びたい言語のカリキュラム充実度を確認しておくことをお勧めします。

 

遠回しな実装

例えば、ユーザーのログイン、ログアウト管理機能について手作業で実装していきますが、他サイトや現場では「devise」が利用されることが多いかと思います。これを使えば、本当にあっという間に実装できるんです。同様に、頑張ってレスポンシブデザインを実装したのに他サイトでは「Bootstrap」を使って一瞬で実装していたので驚きました(笑)
敢えて、手作業で実装させるようなカリキュラムとしているのかもしれませんが、一言でもいいので「こういうのもあるよ」と紹介してくれたら親切だなと思いました。

 

 

 以上、私が感じたProgateのメリデメでした。

総じて非常にお勧めできるサービスとなっているので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

prog-8.com

 

それでは、良いプログラミングライフを!

ブログ開設!

記念すべき初記事です。

 

自分が提供できる経験や情報は、主に以下のトピックになります。

今後はこれらについて記事を書いていきたいなぁと思います。

  • 生命保険業界からWEBエンジニアへ未経験転職(TECH::EXPERT受講)
  • プログラミング/IT関連
  • 節約・財テク
  • 英語学習
  • 読書(ビジネス書)

 

継続して投稿できるように頑張ります!!